株式会社エイ・ティ・エル

ATLカーボン製法について

カーボンの種類

カーボン製品は鉄に比べ強度が10倍、弾性率が7倍と言われていますが、その中でも大きく分けて2種類の製品が存在します。

1つ目はウェットカーボンで、FRP(グラスファイバー)と同様の製作方法で、ファイバー繊維に2液硬化樹脂や紫外線硬化樹脂などの液体樹脂をファイバーに塗り固めたものです。

最近ではCFRTP等の熱で溶ける樹脂で固めたカーボン板を、熱した型で柔らかくし、再度冷やして固める方法があります。

2つ目はドライカーボンでファイバーに熱硬化性樹脂を炉で固め、ファイバー量を極限まで増やしたものです。

 

ウェットカーボンとドライカーボンの違い

ウェットカーボンは安価にできる反面、ドライカーボンに比べて強度が落ちます。

一般的に市販されているカーボン製品はウェットカーボンが9割程度を占め、安価に作るために表裏のみカーボンを使用し、中心部はグラスファイバーを使用したものが殆どです。

グラスファイバーはカーボンファイバーと比較して1/3程度の引張強度になってしまいますが、コスト面では1/10程度であるためグラスファイバーを使用した複合製品が多くなっています。

ドライカーボンは強度に勝るものの設備投資に費用がかかるため、一部の宇宙開発部品やワークスマシンなど特殊なものにしか使用されていないのが現状です。
ドライカーボンは硬く剛性が高い為、薄く軽量な部品を作ることが可能となります。

 

ATLカーボン製法の特徴(特許出願中)

  1. ●カーボンの含有率を自由に調整
  2. ●ドライカーボン並みの強度可能(ATLポリカ・カーボン)
  3. ●熱可塑性樹脂を使用し型を用いた二次加工が可能
  4. ●グラスファイバーを使用するなど複合製品も可能
  5. ●コストと強度に対して柔軟な対応を実現
  6. ●ポリカ以外のアクリル等、様々な素材でテスト実施中。

 

ATLカーボン製法で製作したカーボン板の引張試験結果

 

ポリカーボネイトにカーボン繊維を70%以上含有させたポリカ・カーボン板(2mm厚)を製造し強度試験を実施しました。

その結果、グラスファイバーの3倍の強度を持つドライカーボンと同等の引張強度を得ることが出来ました。

ドライカーボンはエポキシ等の熱硬化性樹脂を用いていますがポリカーボネイトは熱可塑性樹脂である為、熱を加えることにより二次加工の可能性が考えられます。

弊社の製法では様々な樹脂でカーボン板を製作できる為、用途に応じた基材選びが可能です。

 

  テスト用試験片
グラスファイバー
ドライカーボン ATLポリカ・カーボン
荷重N 4628.5 13375.4 13144.5

※試験方法:JIS K 7164(プラスチックの引張試験方法)

 

ご依頼・お問い合わせ

製作事例

樹脂ブロック・切削加工事例5

Coming Soon

 

 

樹脂ブロック・切削加工事例5

Coming Soon

 

 

樹脂ブロック・切削加工事例5

Coming Soon

その他、製作事例やお知らせなどは『ブログ・樹脂ブロック始めました!』をご覧ください。

お問い合わせ

株式会社エイ・ティ・エル
静岡工場

〒426-0065

静岡県藤枝市末広3-7-1

TEL:054-637-3638
AM9:00~17:00
(土日祝日除く)

新素材・ポリカカーボン

ATLカーボン製法

独自技術によってポリカカーボン板の製作に成功しました。
JIS K7164の引張試験方法でドライカーボン並みの強度を達成。

ご相談・ご依頼フォーム

ご依頼・お問い合わせ

材料、色指定などご連絡お願い申し上げます。
樹脂ブロック製作と同時に切削加工も承ります。

※単品製作、個人様対応いたします。

樹脂ブロックOnlineShop

Online Shop

※現在準備中

Facebook / Blog / Youtube

フェイスブックブログYoutube

製作事例など Facebook / Blog
Youtubeに掲載中